イチオシ横浜の歯医者アドバイスサイト

神奈川県には5000件以上の歯医者が存在していますから、横浜で新たに歯医者を探す場合には、まずは近くにある数件を比較してみましょう。

RSS 2.0

歯の汚れを考える

虫歯の原因になる歯の汚れは、歯垢、歯石、ステインといったものがあげられます。

歯垢は細菌の塊です。

酸を出して歯の表面のエナメル質を溶かすので、虫歯や歯周病の原因を作ります。

歯石は歯垢が唾液のカルシウムで石灰化したものです。

ステインは歯についた着色汚れです。

コーヒーやタバコのヤニで歯が変色したように汚れてしまうのが代表的なステインです。

歯の汚れは歯の色を決定します。

歯は外側はエナメル質で、内側は象牙質になっていますが、象牙質の部分は黄色がかったクリーム色になっています。

エナメル質は透明感があるので、内側の歯の色が透けて見えます。

表面のエナメル質の汚れなどによってもその人の歯の色が変わります。

歯の汚れの中でも、歯石は自分で取ることはできません。

地元が横浜なら近くの歯医者さんへ出かけて、歯のクリーニングを行う必要があります。

横浜の歯医者さんに定期検診に出かけたら、クリーニングもお願いしましょう。

歯石を取ってもらうと歯の表面がツルツルになります。

毎日のケアでは、歯垢とステインは付着しないように気をつけましょう。

歯垢は歯みがきをきちんと行うことで防ぎます。

ステインは色の濃い食べ物や飲み物が原因で着色されてしまいます。

食べたり飲んだりする際には、食後の歯磨きをしっかり行います。

緑茶、ワイン、コーヒー、タバコ、ぶどう、カレーなどの色素が着色し、それが層になって重なっていくと、歯の色も変わってしまいます。

OFF
admin